Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

治験参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県立総合病院

静岡県の県立総合病院で、治験参加者112人の個人情報が保存されたUSBメモリの紛失が発生した。

所在がわからなくなったのは、負担軽減費を支払う際に利用する治験参加者の個人情報を保存したUSBメモリ。11月28日に治験管理室の委託職員がメモリの紛失に気付いた。

紛失したUSBメモリには、2008年度の参加者112人の氏名、患者番号、治験薬名、依頼企業名、負担軽減費の金額、振込口座の金融機関名、口座番号などが保存されていた。病状といった診療情報については別の端末で電子カルテとして記録されており含まれていない。

静岡県によれば、2008年度分以外のデータについては、データの有無が確認できないため、2002年以降の参加者についても情報が保存されていた可能性があるという。

同院では警察へ被害を届け、USBメモリ内に口座情報が保存されていた金融機関22社に対し、口座の不正利用について注意を払うよう依頼。また関連する参加者に対し説明と謝罪の文書を送付している。

同院では再発防止策として、USBメモリの利用を原則禁止する。また必要な際は暗号化機能付きUSBメモリの使用を義務付け、利用状況を帳簿へ記録し、使用後は内部の情報を消去するよう指導する。

(Security NEXT - 2008/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明 - 北里大学東病院