Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール添付ファイルの暗号化ソリューションをバージョンアップ - HDE

HDEは、メールの添付ファイルを一括して自動的に暗号化するセキュリティソフト「HDE Secure Mail for ZIP」の最新版を12月10日に発売する。

「HDE Secure Mail 3 for ZIP」は、添付ファイル付きメールをゲートウェイで一括してZIPによる暗号化ファイルへ変換し、メールによる情報漏洩を防止するセキュリティソリューション。

今回のバージョンアップでは、複数の添付ファイルがある場合に、個別に暗号化を実施するか、ひとつにまとめて暗号化するかを選択できるようになった。また暗号化から除外するファイルを拡張子により設定できる。

さらに顧客の要望を受け、パスワードの最短文字数を8文字から指定できるようになったほか、「Red Hat Enterprise Linux 5 for Intel x86」など最新OSにおける動作検証も確認されている。

価格は105万円から。同社では今回の新発売を記念し、製品購入者を対象にメール誤送信防止ソフトウェア「HDE Mail Cop」を半額で提供するキャンペーンを3月31日まで実施する。

HDE
http://www.hde.co.jp/

(Security NEXT - 2008/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート