Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鍵長2048ビットのEV SSL証明書を提供開始 - サイバートラスト

サイバートラストは、鍵長が2048ビットのEV SSL証明書「SureServer EV[2048bit]」を発売した。

非営利団体であるCA/Browserフォーラムでは、鍵長が1024ビットのEV SSL証明書の利用期限を2010年12月31日と定めており、従来のEV SSL証明書では来年以降、2年以上の有効期間を持つ証明書を実質上提供できなくなることから、同社では2011年以降も利用できる2048ビットの証明書を提供開始したもの。

同社によれば、2048ビットの証明書でも携帯電話の利用率ベースで、約99%のカバレッジを実現しているという。また同社が提供するSSLサーバ証明書の管理ソリューション「SureHandsOn」についても従来製品同様利用することが可能。

価格は1024ビット版から据え置きで、有効期間が1年の場合、15万7500円、2年の場合28万9800円。

(Security NEXT - 2008/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
「EV SSL証明書」の半額キャンペーン - サイバートラスト
NEC、マイナンバーカードの活用を支援するソリューション