Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鍵長2048ビットのEV SSL証明書を提供開始 - サイバートラスト

サイバートラストは、鍵長が2048ビットのEV SSL証明書「SureServer EV[2048bit]」を発売した。

非営利団体であるCA/Browserフォーラムでは、鍵長が1024ビットのEV SSL証明書の利用期限を2010年12月31日と定めており、従来のEV SSL証明書では来年以降、2年以上の有効期間を持つ証明書を実質上提供できなくなることから、同社では2011年以降も利用できる2048ビットの証明書を提供開始したもの。

同社によれば、2048ビットの証明書でも携帯電話の利用率ベースで、約99%のカバレッジを実現しているという。また同社が提供するSSLサーバ証明書の管理ソリューション「SureHandsOn」についても従来製品同様利用することが可能。

価格は1024ビット版から据え置きで、有効期間が1年の場合、15万7500円、2年の場合28万9800円。

(Security NEXT - 2008/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE