Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2008年第3四半期の脆弱性は132件、約1割に高い危険性 - ラックまとめ

ラックは、独自に収集した脆弱性情報を検証し、四半期ごとに発行しているレポート「SNSDB Advisory Report」を発表した。132件の脆弱性のうち、約1割は悪用される危険性が高いという。

同レポートは、2007年7月から9月に同社が発行した132件のSNSDBアドバイザリを集計したもので、リスクレベルで見ると、5段階のうち最も高い「High」が26件、次に高いMedium High」が43件で全体の半数を占めた。さらに次に高い「Medium」をくわえると82%まで上昇する。

影響としては「任意のコードが実行」が47件、サービス不能が38件と目立っており、情報漏洩が11件と続いた。96%にはパッチやバージョンアップなど回避策が提供されている。

同社によれば、リモートから攻撃を受ける脆弱性は、全体の66%にあたる87件。このうち57件は受動的に攻撃を受けるおそれがあるという。また62件は設定に依存せず、34件で攻撃ツールや攻撃コード、実証コードの公開が確認されている。

また132件のアドバイザリのなかで、ウイルスの発生や攻撃ツールの登場などにより第三者に悪用される可能性が高い脆弱性は13件に上り、前四半期の9件から増加した。

なかでも「Access Snapshot Viewer」のActiveXコントロールや、RealNetworksの「RealPlayer」、Oracleの「WebLogic Server」に含まれるApache用プラグインなど、いずれも脆弱性を攻撃する攻撃ツールが流通している。

同社では、影響の大きさからリスクレベルがもっとも高い「High 5」に設定しており、ユーザーに対して早急な対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査