Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2008年第3四半期の脆弱性は132件、約1割に高い危険性 - ラックまとめ

ラックは、独自に収集した脆弱性情報を検証し、四半期ごとに発行しているレポート「SNSDB Advisory Report」を発表した。132件の脆弱性のうち、約1割は悪用される危険性が高いという。

同レポートは、2007年7月から9月に同社が発行した132件のSNSDBアドバイザリを集計したもので、リスクレベルで見ると、5段階のうち最も高い「High」が26件、次に高いMedium High」が43件で全体の半数を占めた。さらに次に高い「Medium」をくわえると82%まで上昇する。

影響としては「任意のコードが実行」が47件、サービス不能が38件と目立っており、情報漏洩が11件と続いた。96%にはパッチやバージョンアップなど回避策が提供されている。

同社によれば、リモートから攻撃を受ける脆弱性は、全体の66%にあたる87件。このうち57件は受動的に攻撃を受けるおそれがあるという。また62件は設定に依存せず、34件で攻撃ツールや攻撃コード、実証コードの公開が確認されている。

また132件のアドバイザリのなかで、ウイルスの発生や攻撃ツールの登場などにより第三者に悪用される可能性が高い脆弱性は13件に上り、前四半期の9件から増加した。

なかでも「Access Snapshot Viewer」のActiveXコントロールや、RealNetworksの「RealPlayer」、Oracleの「WebLogic Server」に含まれるApache用プラグインなど、いずれも脆弱性を攻撃する攻撃ツールが流通している。

同社では、影響の大きさからリスクレベルがもっとも高い「High 5」に設定しており、ユーザーに対して早急な対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
運用甘い脆弱なルータを狙う攻撃が大量発生 - 「WebLogic」脆弱性狙う攻撃にも注意を
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
セキュリティ自動化、ベンダー混在環境に課題
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連