Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

昭和大病院の元医師が患者情報を目的外利用 - 自身の開業案内に

昭和大学病院を退職した医師が、同院の一部患者情報を持ち出し、自身が開業した診療所の案内状を送付していたことがわかった。

11月4日に同院へ、患者情報の目的外利用を指摘する匿名の連絡があり問題が判明したもの。同院によれば、退職した医師は、氏名や住所、電話番号など同院患者の個人情報を持ち出し、案内状の送付に利用していたという。

これを受け、同院では東京都へ事態を報告し、対象となる患者に謝罪。持ち出した医師に対して抗議するという。また個人情報の取り扱いに対するチェック体制を見直し、職員向けに講習会を開催するなど再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2008/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

同僚の個人情報を興味本位で閲覧した職員を懲戒処分 - 京都社会保険事務局
制作費着服した元従業員、領収書に番組視聴者の個人情報 - STV
留守電から個人情報が家族に漏洩 - 神奈川県が謝罪
督促はがきに保護シールを貼付せず送付 - 東京社会保険事務局
ソニーファイナンスとUFJニコスに個人情報保護法違反で是正勧告
東京医科大学病院、個人情報目的外使用で謝罪
大東文化大、卒業生や新入生の個人情報入りCD-ROMを紛失