Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務情報用いて私的SMSを送信、職員を停職処分 - 妙高市

新潟県妙高市は、業務を通じて取得した住民の個人情報を、個人的な連絡のために目的外で利用した職員の懲戒処分を実施した。

同市によれば、業務を通じて取得した住民の携帯電話番号を主査級の職員が個人的に利用し、8月4日に私的な内容のショートメッセージ(SMS)を送信したもの。同日、メッセージを受信した住民より同市に相談があり、問題が発覚した。

同職員は同市に対してSMSを送信したことを認め、反省の意を示しているという。職員の所属する部署や送信したメッセージの具体的な内容については非公表としている。

同問題を受けて同市では、同市の信用を著しく傷つける行為であるとして9月24日付けで停職1カ月とする懲戒処分を行った。

(Security NEXT - 2021/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

配送ラベル二重貼り、異なる顧客情報 - 3Dプリンタ販売会社
私的に戸籍情報参照した職員を懲戒処分、刑事告発も - 宇部市
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
住基システムの個人情報を漏洩、職員が逮捕 - 杉並区
患者情報含む書類を誤廃棄、資源物置場から回収 - 熊本大病院
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町