Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務情報用いて私的SMSを送信、職員を停職処分 - 妙高市

新潟県妙高市は、業務を通じて取得した住民の個人情報を、個人的な連絡のために目的外で利用した職員の懲戒処分を実施した。

同市によれば、業務を通じて取得した住民の携帯電話番号を主査級の職員が個人的に利用し、8月4日に私的な内容のショートメッセージ(SMS)を送信したもの。同日、メッセージを受信した住民より同市に相談があり、問題が発覚した。

同職員は同市に対してSMSを送信したことを認め、反省の意を示しているという。職員の所属する部署や送信したメッセージの具体的な内容については非公表としている。

同問題を受けて同市では、同市の信用を著しく傷つける行為であるとして9月24日付けで停職1カ月とする懲戒処分を行った。

(Security NEXT - 2021/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
住民の課税情報を業務外で閲覧、職員を処分 - 印西市
雇用促進支援金の申請書類が所在不明に - 大阪府
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
元従業員の売却HDD内に業務文書、データ複製の連鎖で - ラック
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
顧客の預金残高を知人に漏洩、従業員を懲戒解雇 - 阿波銀
職員が公文書を持ち帰り、家庭ゴミとして処分 - 相模原市
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定