Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省

厚生労働省は、指定難病患者に関するデータを研究者へ提供する際、個人情報を削除せずに誤って提供するミスがあったことを明らかにした。チェックも行ったが、想定していないデータの残存だったため気が付かなかったという。

同省によれば、研究者からの申し出を受け、審査により承認された指定難病患者に関するデータを研究者へ提供する際、「IgA腎症」や「一次性膜性増殖性糸球体腎炎」の患者データにおいて本来削除すべき個人情報のべ5640件を含んだまま提供したもの。

氏名や生年月日、住所をはじめ、データベース内に記録された診断書に関するすべての情報が含まれていたという。8月5日に提供を受けた研究者から連絡があり、問題が判明した。

指定難病患者に関するデータは、6月27日に7施設に所属する研究者に対して提供したが、このうち5施設の研究者に対して提供した表計算ファイルの内部に個人情報が存在。6人がファイルを閲覧していた。

難病データベースは、医薬基盤・健康・栄養研究所が同省の委託のもと管理運営しており、同研究所において提供するデータを用意する際にミスがあったという。

(Security NEXT - 2022/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市