Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産業装置のウイルス対策でカスペルスキー製品を組み込み - ディスコ

ディスコとKaspersky Labs Japanは、半導体製造装置「ダイシングソー」のウイルス感染防止対策のため、カスペルスキー製品を組み込むと発表した。

ダイシングソーは、シリコンウェーハからICチップの切り出しを行う精密切断装置。今後はKasperskyのセキュリティ対策ソフトが標準オプションとして組み込み、ユーザーは必要に応じてアクティべーションを行い、ウイルス対策を実施できる。

ディスコによれば、精密加工装置が海外で利用される場合など、USBメモリ経由のウイルス感染が深刻な問題となっているものの、ルールの遵守やオペレータによる注意が一般的なセキュリティ対策で、装置そのものによるウイルス感染の防止などは行われていなかったという。

今回、セキュリティ対策ソフトを組み込むことでウイルスの感染を防止し、さらに検知することで社内システムへの適切な対応が可能になると説明している。

(Security NEXT - 2008/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併 - 成長戦略に「セキュアIoT」
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
組込機器やIoTシステム向けに「KasperskyOS」 - ポリシーで動作を限定
DNPら、高セキュリティなIoT環境を実現するゲートウェイ端末を開発
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発