Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CData製の複数データ連携ツールに脆弱性 - アップデートを

「CData API Server」をはじめ、CData製の複数ソフトウェアに認証を回避して操作を行うことが可能となる脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

「CData API Server」と「CData Connect」には、認証なしにアプリケーションの管理者としてアクセスが可能となるパストラバーサルの脆弱性が明らかとなった。

デフォルトで用意されている組み込みのウェブサーバ「Jetty server」で動作させている場合に影響があり、それぞれ「CVE-2024-31848」「CVE-2024-31849」が採番されている。

脆弱性を報告し、CVE番号を採番したTenableは、いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」と評価、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

また「CData Arc」では「CVE-2024-31850」、「CData Sync」には「CVE-2024-31851」が明らかとなった。悪用されると機密情報が流出するおそれがあり、CVSS基本値をともに「8.6」とした。重要度は「高(High)」。

(Security NEXT - 2024/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正