Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムの流通量ではマケイン氏がオバマ氏に勝利 - G DATA調査

G DATA Softwareは、スパムで悪用されるハリウッド俳優や有名人の傾向について調査を実施し、ランキングを取りまとめた。

同社では、スパム専用のアカウントを用意。7月28日から9月14日まで7週にわたり調査を実施したもので、メールのタイトルや本文へ頻繁に登場した人物約300人から統計を出した。

名前を悪用される有名人は、メディアへの露出度で選択される傾向があり、特に女性に関するものが多かったという。今回の調査では、アンジェリーナジョリーさんが18%と他有名人に大きく差を付けてトップ。ブリトニースピアーズさんが9.8%で2位だった。

一方男性のトップは、3.4%のオサマビンラディン氏。ブラッドピットさんが1.8%で続いている。また3位から5位は政治関係者で、共和党大統領候補のジョンマケイン氏が1.4%で3位。ジョージブッシュ現大統領が1.2%と続き、民主党のバラックオバマ氏は1.1%だった。

同社が発表したスパムで使用された有名人のベスト5は以下のとおり。

女性

アンジェリーナジョリー
ブリトニースピアーズ
パリスヒルトン
マドンナ
パメラアンダーソン

男性

オサマビンラディン
ブラッドピット
ジョンマケイン
ジョージブッシュ
バラックオバマ

(Security NEXT - 2008/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
「Emotet」など複数マルウェア、新型コロナ拡大に便乗 - フィッシングも
「SpamAssassin」にセキュリティリリース - 脆弱性2件を修正
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED