Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東西で料金の過大請求が30件 - 総額は約5690万円に

NTT東西は、自治体や企業を対象とした一部サービスにおいて、料金の過大請求が発生していたことを明らかにした。

問題が発生したのは、両社が提供する情報サービス「オフトーク通信サービス」や電話を転送する「支店代行電話」。

NTT東日本では、オフトーク通信サービスにおいて1989年12月から2008年7月の間、10件の過大請求が発生。過大請求の総額は約1090万円になるという。また支店代行電話では1件の過大請求が判明、1984年1月から2008年7月まで約1630万円を過大に請求していた。

一方NTT西日本では、オフトーク通信サービスにおいて、1990年1月から2008年7月の間、19件の過大請求が発生し、総額は約2970万円に上る。

過大請求の原因は、使用料金の計算ミスや申込受付時の事務処理の誤りだという。両社では、過大請求の対象者に対し利息も含めた差額分を全額返還する。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

NTT西日本
http://www.ntt-west.co.jp/

(Security NEXT - 2008/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高速道路の情報板に「ミサイル落下情報通行止」と誤表示 - NEXCO西日本
「電力需給ひっ迫」との緊急速報メール、約200万件超へ誤送信
福岡県で退職職員のマイナンバーを誤送付 - プログラムの不具合か
プログラムミスで健診受診表1万7000人分に表記ミス - 富山県高岡市
メルマガ配信システムのバグで個人情報流出 - フォントメーカー
マイナンバー通知書の宛名台紙に無関係の文字が印字 - 久留米市
関係ないメアドがCCに、不具合が原因と説明 - 京大生協
自動交付機に不具合、住民票出力時に個人番号印字されず - 船橋市
楽天証券、追証を関係ない顧客へ誤って通知
ネット接続するオフィス機器では適切なアクセス制限を - 複合機問題でIPAが注意喚起