Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀

北國銀行は、振込不能の通知メールを無関係のオンラインバンキング契約者に対して誤送信するミスがあったことを明らかにした。アクセスが集中し、一時ログインしづらい状況に陥ったという。

同行によれば、12月5日に顧客1人に対して振込不能を通知するメールを送信しようとしたところ、誤って同行の個人向けオンラインバンキングサービス「北國クラウドバンキング」の全契約者約29万人へ送信するミスがあったという。また約6万人に対しては同様の内容が二重に送信された。

問題のメールは、同日11時より15時ごろにかけて配信され、メールを見た顧客からのアクセスが同行オンラインバンキングへ集中。ログインしづらい状況が発生し、サポートデスクの電話にもつながりにくい状態となった。

同行では、誤送信の原因について人為的なミスだったと説明。システムの不具合などは発生しておらず、同行に対するサイバー攻撃についても否定している。

アクセスの集中については5日の時点で解消しており、翌6日には通常どおりサービスを提供している。

(Security NEXT - 2022/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック