Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TVerアプリでオプトアウト設定が書き換わる不具合 - データを外部送信

無料配信動画サービスを提供するTVerは、iOS版アプリにおいて利用者がデータの提供を拒否しているにも関わらず、外部へ提供する不具合があったことを明らかにした。

同社によれば、「iOS」向けアプリの開発において人的なミスに起因し、4月3日にリリースした「バージョン5.1.14」以降にバグが存在。10月10日のプライバシーポリシー改定後、iOS版の利用者においてデータ提供の拒否数が減少していることを10月23日に検知し、調査したところ、翌24日に不具合が判明した。

過去に同社パートナーなどへのデータ提供を拒否するオプトアウトを行っていたにもかかわらず、10月10日以降にプライバシーポリシーへ再同意するとオプトアウトを行っておらず、許諾した状態に置き換わる不具合が存在。利用者の意思に反して外部の放送局や広告会社、広告配信会社、調査会社にデータが提供されていた。

約45万件の端末に影響があり、このうち「TVer ID」の登録者は約8万9000件。送信されたデータには、端末識別子、デバイス種別情報をはじめ、生年月、郵便番号、性別、興味関心、視聴エピソード識別子、視聴時間などが含まれる。

同社では同月26日に不具合を修正したアップデートをリリース。翌27日には、アプリの起動時に修正版の利用を必須とする強制アップデートを行った。

(Security NEXT - 2023/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性