Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備

全日本スキー連盟は、会員管理システムに不具合があり、特定操作を行うことで、同連盟に所属する団体や連盟の管理者が、管理下にない会員の情報を取得できる状態となっていたことを明らかにした。

同連盟では、業務委託先であるしゅくみねっとのシステムを用いて会員情報を管理しているが、加盟団体向け管理画面の検索機能に不備があったもの。検索条件の一部に想定外の文字列が入力されると、退職者を含むすべての会員情報を閲覧したり、一部データをCSVファイルとしてダウンロードできる状態となっていた。

一覧画面では、氏名、会員番号、所属組織、会員区分、会員状況など11万807件の会員情報が表示可能で、氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、所属組織、会員状況、会員番号、登録競技名などをCSVファイルとしてダウンロードできた。

原因はプログラムミスで、検索条件にエラーがあると管理下にない情報も含めて無条件に検索、表示する状態だったという。システムが稼働した2019年8月1日以降のログを調査したところ、2団体が該当する条件で検索を行っており、1団体が検索後に223件の情報を含むCSVファイルをダウンロードしていた。

同連盟は、対象となる3団体が閲覧したデータやダウンロードしたファイルを連盟外の組織に提供していないことを確認。原因となった不具合についても修正するとともに、対象となる関係者へ個別に報告を行っている。

(Security NEXT - 2022/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市
委託先で書類封入ミス、一部資料に別人の個人情報 - 宇部市
市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし