Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部マイナ保険証で他人情報と紐付け - 1年強で7000件超

マイナンバーカードと健康保険証の紐付けにあたり、別人の情報が登録される事故が発生した。厚生労働省では健康保険事業を運営する保険者に対して情報登録時の確認徹底を求めている。

事前に保険証登録を行うことでマイナンバーカードを健康保険証として利用でき、薬剤情報や特定健診結果などを参照することが可能となるが、別人の情報を誤って登録する問題が発生したもの。

被保険者や事業主の届け出時における誤りや、保険者の登録ミスなどに起因し、2021年10月から2022年11月までに7312件の誤登録が発生。5件については薬剤情報や医療費通知情報を閲覧されていた。

7312件のうち7114件については、協会けんぽの重複調査により判明。いずれも問題判明後、情報を閲覧されないよう措置が講じられ、データの修正も実施されたという。

従来、新規登録時に生年月日、カナ氏名による突合を行い、不一致事例を保険者が確認する運用だった。これに対し誤登録防止チェックの強化として、マイナンバーカードと健康保険証の一体化に関する検討会による2月17日の中間取りまとめでは、保険者による新規登録時に全件に対して住民基本台帳情報のカナ氏名、生年月日、性別の照合を盛り込むとしていた。

さらに同省では4月14日、保険者に対して「漢字氏名」「カナ氏名」「生年月日」「性別」「住所」の5情報が一致した場合にのみ資格情報を登録することを徹底するよう求めた。

(Security NEXT - 2023/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開