Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民健康保険料の徴収リストを酒に酔って鞄ごと紛失 - 堺市

堺市北区の非常勤職員が、国民健康保険料の未納者4世帯分の個人情報が記載された徴収リストを、鞄ごと紛失していたことがわかった。

紛失したのは、国民健康保険料の訪問徴収を行う際に携帯するリストで、被保険者の氏名、住所、保険証記号番号、家族構成、生年月日、年齢のほか、所得状況や収納額、滞納額などの個人情報4世帯分が含まれていた。

7月22日の業務終了後、同僚とともに駅前で酒を飲み、翌23日の5時ごろ、鞄の紛失に気付いたという。その後警察に紛失届を提出。対象となる世帯を職員が直接訪問して説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2008/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アマチュア囲碁大会、案内メール500件を誤送信 - 日本棋院
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
再委託先で顧客情報入りPCを飲酒後に盗難被害 - 東京ガス関係会社
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
職員が持出データを酒に酔って紛失 - 川口市
中元用DMに別の顧客の届け先情報を印刷 - 酒小売事業者
マイナンバー含む扶養控除申告書が車上荒らしで盗難 - 鳥貴族FC加盟店