Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造

酒類の製造、販売を展開する松井酒造は、同社ECサイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報含む個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、脆弱性を突く不正アクセスを受けたもので、第三者により同サイトに情報の窃取など行うための不正なファイルを設置された。2023年9月20日にクレジットカード決済代行会社から情報流出の可能性について指摘があり、発覚したという。

2023年3月29日から同年9月20日にかけてクレジットカード決済を行った顧客174人に関する個人情報やクレジットカード情報が流出し、不正に利用された可能性がある。

メールアドレスやパスワードのほか、データベースで保有していた個人情報のほか、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコードなどが対象となる。同社では問題が発覚した翌21日に個人情報保護委員会へ報告し、警察にも届けていた。

外部事業者による調査は2024年1月23日に終えたとしており、対象となる顧客に対しては、5月13日よりメールで経緯について報告、謝罪している。

(Security NEXT - 2024/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
海外子会社へのサイバー攻撃、国内サーバでも痕跡確認 - フジクラ
イベント応募フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 松竹
メール誤送信で救命サポーターのメアド流出 - 奈良市消防局
法律相談の予定表、相談者が誤って持ち帰る - 茨城県
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
Java向け機械学習ライブラリに深刻な脆弱性 - 5月のアップデートで修正