Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ノートン 2009」のパブリックベータ版が公開 - 改良点は300以上

シマンテックは、「ノートン・アンチウイルス 2009」および「ノートン・インターネットセキュリティ 2009」のパブリックベータ版を公開した。9月24日まで同社サイトからダウンロードし、試用できる。

今回公開となったパブリックベータ版は、製品版の提供に先駆けて、テスト段階のソフトウェアである「ベータ版」を無償で一般へ公開するもの。現行バージョン「ノートン 2008」においても、昨年同時期にベータ版の公開を実施している。ベータ版では、テクニカルサポートなど提供されないため、利用にあたっては注意が必要。

同社によれば、最新版ではコンピュータのパフォーマンスへ影響を与えない「ゼロインパクト」を目標に設計、従来製品に対して300カ所以上の改良を施したという。新技術のひとつ「ノートン・インサイト」は、数百万人規模のコミュニティメンバーによるデータに基づいて、ファイル統計的に診断、信頼できるファイルのスキャンを回避する。

このほか、ゲームや動画再生時のアラートや更新通知を自動的に保留する「サイレントモード」、多層型の保護システムが協調して被害が出る前に脅威をブロックする「ノートン プロテクションシステム」、オンラインショップやネットバンキング利用時に個人情報を保護する「ノートン IDセーフ」のほか、ボット対策などのセキュリティ機能を搭載した。

(Security NEXT - 2008/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定