Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲームユーザー狙うマルウェアファミリー、Netskyを上回る - フォーティネット

フォーティネットジャパンは、2008年5月20日から6月21日にかけて1カ月間に同社のFortiGateセキュリティアプライアンスにて検知したマルウェアの状況を取りまとめ、発表した。

同社調査によれば、日本や韓国でおもに検出されている「Virut.A」は、5カ月と長期にわたってトップ5位圏内をキープ。さらに特に韓国で猛威をふるうなど増加傾向が見られ、今回は3位となった。

またオンラインゲームを狙ったマルウェアの動きが活発で「W32/OnlineGames!tr」「W32/OnLineGames.fam!tr.pws」が、それぞれ2位、4位と上位にランクイン。マルウェアの亜種をグループを「ファミリー」としてまとめた場合、従来よりトップだった「Netskyファミリー(15.3%)」を「OnlineGamesファミリー」が35.4%大差を付けて追い抜き、トップとなった。

同社がまとめたマルウェアのトップ10、およびはマルウェアファミリートップ5は以下の通り。

マルウェア

1位:W32/Netsky!similar
2位:W32/OnlineGames!tr
3位:W32/Virut.A
4位:W32/OnLineGames.fam!tr.pws
5位:HTML/Iframe_CID!exploit
6位:W32/Agent.LPV!tr
7位:Adware/Vapsup
8位:HTML/Iframe.DN!tr.dldr
9位:W32/MyTob.FR@mm
10位:W32/Grew.A!worm

マルウェアファミリー

1位:OnlineGames
2位:Netsky
3位:MyTob
4位:Virut
5位:Grew

(Security NEXT - 2008/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減