Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Accessのスナップショットビューワにゼロデイ攻撃 - MSがアドバイザリ

Accessのスナップショットを閲覧できる「Snapshot Viewer for Microsoft Access」の脆弱性に対するゼロデイ攻撃が発生しているとして、マイクロソフトはアドバイザリを公表した。

今回脆弱性が見つかったのは、「Snapshot Viewer for Microsoft Office Access 2000」「同2002」「同2003」のActiveXコントロール。脆弱性を攻撃する細工を施したウェブページを表示した場合、外部からコードを実行されたり、コンピュータが乗っ取られるおそれがある。

同社によれば、メールやインスタントメッセンジャーを利用してウェブサイトへアクセスを誘導する手口など、特定の組織などを狙った標的型攻撃が発生しているという。同社では脆弱性の調査を進めており、更新プログラムの提供といった可能性を含め、対策を実施する予定。

また回避策として、信頼できるサイトでのみアクティブスクリプトの実行を許可したり、実行時のダイアログ表示や無効設定、コントロールのKill BitによるCOMオブジェクト実行の防止する方法など案内している。

Snapshot Viewer for Microsoft Access の ActiveX コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/955179.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認