Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日米図上演習データ入りUSBメモリの盗難、公表せず - 陸自

陸上自衛隊の中部方面総監部において、2007年2月に日米図上演習データを保存したUSBメモリを紛失し、原因が内部犯行による盗難だったことが判明した際も公表していなかったことがわかった。

総監部所属の1等陸尉がUSBメモリを盗み、駐屯地内のゴミ箱に捨ていたもの。警務隊の捜査により同年4月に盗難が判明。同年5月に停職60日の懲戒処分を行ったが、現金や有価証券の窃盗や無断欠勤が理由とされ、USBメモリの問題は公表されていなかった。

石破防衛大臣は7月1日の会見で、紛失当時、保存されていたデータが「注意」レベルであり、内規上問題ないとして大臣に報告が行われず、情報漏洩被害の拡大を招くおそれがあることから公表しなかったことを認めた。1等陸尉を処分した際も同様の理由で公表しなかったという。

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産