Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、スマートフォン対策製品を発売 - 暗号化に対応する上位版も

トレンドマイクロは、スマートフォン向け総合セキュリティ製品「Trend Micro Mobile Security」を、7月22日より発売する。

同製品は、企業向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0」のプラグインとして提供するスマートフォン向けセキュリティソリューション。スタンダード版では、ウイルス、スパイウェア対策や侵入検知システムを搭載したファイアウォールを提供し、企業内で利用するスマートフォンを一括管理できる。

さらに、端末の不正利用を防ぐ認証機能や、端末紛失時の情報漏洩を防ぐデータ自動暗号化機能を搭載したアドバンス版を用意。当初、対応機種はソフトバンクモバイルの「X02HT」のみだが、順次追加する予定。

参考価格は、1年間のサポートサービス料金込みで100クライアントあたりスタンダード版が34万5450円。アドバンス版が69万900円。クライアント数に応じて割引料金が適用される。

(Security NEXT - 2008/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」