Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「.hk」ドメインは2割、「.cn」「.info」は1割が危険 - マカフィー報告

マカフィーは、ドメインごとにウェブサイトの危険度を評価し、レポート「悪質なウェブサイトの世界地図 再考」として取りまとめた。

同レポートでは、ウェブサイトの評価サービス「McAfee SiteAdvisor」のデータベースに基づいて、世界265の国別ドメインやジェネリックドメインを持つサイトを評価。スパイウェア、ウイルス、スパム、過剰なポップアップ、ブラウザの脆弱性の利用したエクスプロイトのほか、危険なサイトへのリンク数などの観点から、各ドメインをランク付けした。

最も危険度が高かった国別ドメインは香港の「.hk」ドメイン。19.2%のサイトにセキュリティ上の脅威が含まれており、昨年の28位から1位へ一気に躍り出た。次いで11.8%の中国「.cn」。フィリピン「.ph」、ルーマニア「.ro」、ロシア「.ru」と続いた。

ジェネリックドメインで最も危険度が高かったのは「.info」で、11.8%が危険なサイトだった。また一般的に利用されることの多い「.com」は、5.3%で国別も含めた全体の9位。一方、最も安全な国別ドメインはフィンランド「.fl」で、危険なサイトの割合は0.05%。日本は0.13%でそれに続き2位だったという。

また同レポートによれば、サイトにアクセスしたことでスパイウェアやアドウェア、ウイルスなどの不正なプログラムがダウンロードされる可能性は、2007年から41.5%上昇。着信音やスクリーンセーバーなどを提供しているサイト中、不正プログラムが仕込まれたサイトは昨年の3.3%から4.7%に増加した。

(Security NEXT - 2008/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放