Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウェブレピュテーション機能」を新たに搭載したゲートウェイ - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、ウェブ経由の脅威をブロックする企業向けゲートウェイタイプのセキュリティ対策ソフト「Trend Micro InterScan Web Security Suite 3.1」を、6月2日より発売する。

同製品は、ウェブ経由で侵入するウイルスやスパイウェア、およびフィッシングなどの脅威を防ぐセキュリティソリューション。HTTPやFTP経由で侵入する不正プログラムをゲートウェイレベルで検知、ブロックする。内部から発信されるデータについても検出できる。

管理コンソール上で感染状況やクライアントの接続状況をリアルタイム監視できるほか、期間ごとに運用状況を集計してレポートすることも可能。

最新版では、サイトの危険度を評価して危険なサイトへのアクセスを防止する「ウェブレピュテーション機能」を搭載。攻撃の主流となっている「ウェブ経由の脅威」をブロックする。対応OSはRed Hat Enterprise Linux 4.0および5.0、SUSE Linux Enterprise Server 10。

(Security NEXT - 2008/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御