Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゾンビPCの多くはヨーロッパ、日本国内は0.1%未満 - G DATA調査

ボットに感染し、サイバー犯罪組織に悪用されるいわゆる「ゾンビPC」の多くは、ヨーロッパに存在していることが、G DATA Softwareの調査により判明した。

同社によれば、悪用されるゾンビPCの台数は、1日あたり平均35万台で、ピーク時には平常時の倍にあたる70万台以上が利用されているという。ゾンビPCは、スパムの送信やDoS攻撃のほか、マルウェアを配信する不正サイトの構築などに利用されている。

ゾンビPCが多かったのはドイツとイタリアで、いずれも全体の10%を占めてトップ。ポーランドやスペインもトップ10にランクインするなどヨーロッパ勢の動きが目立っている。高速なDSL回線が多く導入されており、高性能のPCが流通している一方、無防備なPCが多いことから、ボットネットの形成に狙われていると同社では分析している。

2位以下はブラジルとトルコが8%で続いた。米国とロシアは、いずれも5%で7位。またアジア全体で17%に達し、中国が6%で5位、インドが4%で10位に入ったが、日本は0.1%以下と少なく10位圏外だった。

ボットネットは、サイバー犯罪を支える重要インフラとなっており、ボットネット運営者の売上げは、同社の試算によると年間1500億円にのぼるという。バックドアを仕掛けられるケースも多く、2006年から2007年にかけて、新種のバックドアは約5倍に増加した。

(Security NEXT - 2008/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か