Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事業者向けウイルスバスターのパターンファイルに不具合

トレンドマイクロは、事業者向け製品において、「ウイルスパターンファイル4.995.00」を適用した際、不具合が発生すると発表した。

同パターンファイルを適用した上で大容量のファイルに対してウイルス検索を実施した場合、一部条件下において時間がかかる現象が発生するもの。影響を受ける可能性があるのは、「ウイルスバスター コーポレートエディション」「ウイルスバスター ビジネスセキュリティ」「Client/Server Security」「ServerProtect for WindowsNT」の4製品。

同社では問題を解決した「同4.997.00」の提供を開始しており、同バージョン以降を適用することで問題を回避できる。アップデートができない場合は手動でパターンファイルを適用する必要がある。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に