Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事業者向けウイルスバスターのパターンファイルに不具合

トレンドマイクロは、事業者向け製品において、「ウイルスパターンファイル4.995.00」を適用した際、不具合が発生すると発表した。

同パターンファイルを適用した上で大容量のファイルに対してウイルス検索を実施した場合、一部条件下において時間がかかる現象が発生するもの。影響を受ける可能性があるのは、「ウイルスバスター コーポレートエディション」「ウイルスバスター ビジネスセキュリティ」「Client/Server Security」「ServerProtect for WindowsNT」の4製品。

同社では問題を解決した「同4.997.00」の提供を開始しており、同バージョン以降を適用することで問題を回避できる。アップデートができない場合は手動でパターンファイルを適用する必要がある。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール