Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧問弁護士が印影や融資内容など個人情報を紛失 - 近畿産業信組

近畿産業信用組合は、同信組の顧問弁護士が個人情報を含む融資関連書類を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっている書類は、「信用組合取引約定書」「印鑑登録証明書」「住民票、融資契約に関する重要事項説明・受領確認書」「保証人・担保差入意思確認記録書」「金銭消費貸借契約書」「変動金利制適用に関する特約書」「催告書」など。

顧客2人分の個人情報が含まれており、氏名や住所、生年月日のほか、印影や借り入れや保証の内容なども記載されていた。同信組では、関連する顧客へ事情を説明し、謝罪したという。

同信組では、26日にも14店舗で発生した個人情報の紛失事故を明らかにしており、今月に入ってから、個人情報関連の事故は今回で3件目。

(Security NEXT - 2007/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施