Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング詐欺へ対応策をとっていないユーザーは58.3% - ベリサイン調査

フィッシング詐欺に対して対策を施していないユーザーが半数以上にのぼることが、日本ベリサインの調査でわかった。同社が、11月2日から4日まで個人ユーザー800人を対象に、情報漏洩やフィッシング詐欺などインターネットのセキュリティに関する意識調査を実施し、判明したもの。

オンラインサービスを利用する際、どのような場合に個人情報漏洩の不安を感じるかという問いに対し、80.3%のユーザーが「オンライン決済を含むオンラインショッピング」、78.4%が「銀行口座の出入金」と回答しており、金銭のやり取りが発生する場合に不安を感じるユーザーが多かった。また、会員登録や資料請求など金銭が関わらない場合でも、6割以上が不安を感じるという。

偽のウェブサイトが設置され、情報が詐取されるおそれがある「フィッシング詐欺」については、ある程度の知識を持つユーザーは67.4%と7割弱に達した。しかし、何も対策を講じていないユーザーも58.3%にのぼり、無防備のユーザーも多い。

オンラインサービスを利用する際、安全性の面から何を確認するかとの問いには、「SSL対応していること」という回答が67.3%と最も多く、「有名な企業であること(65.2%)」を上回った。また実際に、SSL対応シールの掲示を確認しているユーザーは29.4%おり、プライバシーマークの掲示を確認するという回答の28.2%より多かった。

一方、34.8%のユーザーが「対応しているからといってすべてが安心できるサイトとは限らない」と答えるなど、安全性に不安を感じる人も少なくないことがわかった。またEV SSL証明書については「まったく知らない」との回答が68.4%で、認知度の低さがうかがえた。

(Security NEXT - 2007/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県