Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給者36人の介護保険料領収書を紛失 - 岐阜県

岐阜県は、生活保護受給者36人分の介護保険料領収書を紛失したと発表した。

所在が不明となっているのは、養老町の生活保護受給者36人分に関する2007年度介護保険料領収証書。氏名、通知書番号、保険料額、納付期限、領収日、領収金融機関名などが記載されていた。

介護保険料の納付後、領収書は西濃振興局から役場を経由して本人へ送付されるが、役場に届いていないことが10月26日に判明。同局では、庁舎内や他市町村への誤発送など調査したが発見されなかったという。

同局では該当する受給者に対し、あらたに役場が発行した介護保険料納付証明書と紛失した領収証書の写しを持参して、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2007/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた