Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺の相談件数は依然として高水準 - IPA

情報処理推進機構は、9月におけるウイルスおよび不正アクセスの届け出状況を発表した。ウイルスの検出数や届出件数、および相談件数は7月に引き続き、ゆるやかに減少している。しかしワンクリック詐欺に関する相談は270件と、依然として高水準を保ったままとなった。

9月のウイルス検出数は約44万個で、8月の49万個から11.4%の減少となった。また届け出件数は2426件で、8月の2806件から13.5%の減少を見せた。

検出数の1位は依然として「Netsky」で約40万個。先月の約42万個から減少したものの、全体に占める比率は91.4%と増加した。2位は「Mytob」で約1万5000個、3位は「Bagle」で約5200個。先月2位にランクインした「Zhelatin」は大幅に減少し、ランクから姿を消した。

不正アクセスの届出件数は10件で、そのうち被害のあったのは8件。フィッシングに悪用するためのコンテンツが設置されたケースや、サーバが海外からの不正ログイン試行を受け続けているケースなどがあった。

一方、同機構へ寄せられた相談件数は910件で、そのうち「ワンクリック不正請求」に関する相談は270件だった。これは過去最高の相談件数を記録した先月の330件よりは少ないものの、依然として多くの相談が寄せられていることがわかる。また、特定の組織をねらった「スピア型攻撃」も発生しており、組織全体での注意喚起が必要だと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
2017年1Qのランサム検出、前四半期から半減 - ウェブ経由のあらたな感染活動も
JavaScriptマルウェアが減少、実行ファイルやPDF形式が増加 - ESET
週明け始業前までに国内で「WannaCrypt」1万3645件を検出 - トレンドまとめ
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
ランサム被害報告が前年比3.5倍、法人8割超 - 英語スパム経由の感染も後を絶たず
不正送金マルウェアが16.8倍と急増 - 侵入経路の大半が「メール」