Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、5月に同社で検知したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。16カ月ぶりに50Gbpsを超える攻撃が観測されたという。

同社サービスを通じて検知したDDoS攻撃の状況を取りまとめたもの。同月に観測した攻撃は433件。前月の409件から24件の増加となったものの、500件を下回る水準で推移している。1日あたりの攻撃件数は14.0件で前月から0.4件増加した。

同月は、1カ月を通じて半数近い日で攻撃の検出数が10件以下にとどまっている。一方で同月前半には多数攻撃が展開された日もあり、5月6日、10日、11日、12日については、35件から40件を観測した。

同月にもっとも規模が大きかったのは、「LDAP」「NTP」「SNMP」など複数のプロトコルを用いたリフレクション攻撃。約642万ppsのパケットにより、前月の10.15Gbpsを大きく上回る57.20Gbpsのトラフィックが発生した。

50Gbpsを超える攻撃を観測したのは、2020年12月以来、16カ月ぶり。同月にもっとも長く継続した攻撃でもあり、27分間にわたって攻撃が行われた。

20220704_ii_001.jpg
IIJによるDDoS攻撃の検知数や最大トラフィック量の

(Security NEXT - 2022/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
2023年12月のDDoS攻撃、前月比3割減 - 規模も縮小
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
約194GbpsのDDoS攻撃を観測 - 22分にわたり継続
DDoS攻撃が大幅減 - 一方で約147Gbps超の攻撃も
9月に399件のDDoS攻撃を観測、前月比1割減 - IIJレポート
3Qのインシデント、前期四半期比25%減 - 「サイト改ざん」が大幅減少
150時間近く継続する複合DDoS攻撃 - 最大115Gbpsのトラフィック
2Qのインシデント件数、前四半期比6%減 - 「スキャン」半減
5月はDDoS攻撃が3割減、6時間超にわたる攻撃を観測 - IIJレポート