Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の成績データが保存されたMOディスクを紛失 - 堺市の中学校

堺市教育委員会は、市立中学校の教諭が、生徒102人分の氏名や成績情報が保存されたMOディスクを校内で紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているディスクには、1学年の全生徒102人分の中間、期末テストおよび宿題テストの成績データが保存されていた。生徒の氏名、テストの成績や評価などが含まれる。9月20日、1学年の担当教諭が事務処理を行ったあと、所定の保管場所に返却しておらず、そのまま校内で紛失したと見られている。

紛失の報告後、校内を捜索し、警察に紛失届も提出したが、25日午後2時の時点では見つかっていない。同校では関連する生徒の家庭を訪問し、説明と謝罪をした。さらに保護者説明会を実施して、経過報告などを行った。

(Security NEXT - 2007/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多