Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アロシステムが個人情報漏洩事故の再発防止策を発表

アロシステムと同社子会社のエムヴィケーは、以前に業務を委託していたヴィソースジャパンの元従業員が使用していたパソコンからWinnyネットワーク上へ個人情報が漏洩した問題で、再発防止策を発表した。

従来より進めてきた人的対策やシステム対策などの強化に加え、委託先の管理強化に取り組むほか、従業員教育の実施による再点検、クライアントPCの監視ソフト導入や指紋認証の導入など個人の特定やアクセス制限など実施し、再発を防止したいとしている。

またその後の調査により、従来発表内容において個人情報などについて重複があったとして漏洩件数を修正した。流出件数は、両社合わせて3301件となり、関連する顧客に対して事情を説明し、謝罪する準備を進めている。

(Security NEXT - 2007/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
Symantecのウェブ分離製品にXSSの脆弱性
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
SSHのライブラリ「libssh」に認証回避の脆弱性 - 全利用環境でアップデートを
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も