Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺の相談件数が過去最高 - IPA

情報処理推進機構は、8月におけるウイルスおよび不正アクセスの届け出状況を発表した。ウイルスの検出数および届け出件数は微減したが、ワンクリック詐欺に関する相談件数が過去最高となった。

8月のウイルス検出数は約49万個で、7月の51万個から4.3%の減少となった。また、届け出件数は2806件で、7月の3069件から8.6%減を記録した。検出数の1位は依然として「Netsky」で約42万個、全体の84.5%を占める。2位の「Zhelatin」は約3万個で全体の6.2%。先月の0.5%から大きな伸びを見せた。3位は「Mytob」で約2万個。

今年に入ってからウイルスの検出数が減少傾向だが、この点について同機構では、総務省と経済産業省が進める「ボット対策事業」の効果が現れているのではないかと分析している。

不正アクセスの届け出や相談を受けた件数は39件で、先月の35件より増加した。そのうち被害があったのは28件。SSHのパスワードがクラッキングされ不正にログインされたケースや、オンラインゲームのアカウント情報が盗まれたケースなどがあった。

また同機構へ寄せられた相談件数は1013件で、そのうち「ワンクリック不正請求」に関する相談が330件と、相談開始以来最も多かった。特に、迷惑メールの本文に記載されていたリンクをクリックしたことで、不正なプログラムに感染するケースが報告されている。同機構では、迷惑メールは開かずすぐゴミ箱へ捨てるよう、呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
児童や保護者、通報者情報など含む児童虐待関連資料を一時紛失 - 滋賀県
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL