Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワンクリック詐欺の相談件数が過去最高 - IPA

情報処理推進機構は、8月におけるウイルスおよび不正アクセスの届け出状況を発表した。ウイルスの検出数および届け出件数は微減したが、ワンクリック詐欺に関する相談件数が過去最高となった。

8月のウイルス検出数は約49万個で、7月の51万個から4.3%の減少となった。また、届け出件数は2806件で、7月の3069件から8.6%減を記録した。検出数の1位は依然として「Netsky」で約42万個、全体の84.5%を占める。2位の「Zhelatin」は約3万個で全体の6.2%。先月の0.5%から大きな伸びを見せた。3位は「Mytob」で約2万個。

今年に入ってからウイルスの検出数が減少傾向だが、この点について同機構では、総務省と経済産業省が進める「ボット対策事業」の効果が現れているのではないかと分析している。

不正アクセスの届け出や相談を受けた件数は39件で、先月の35件より増加した。そのうち被害があったのは28件。SSHのパスワードがクラッキングされ不正にログインされたケースや、オンラインゲームのアカウント情報が盗まれたケースなどがあった。

また同機構へ寄せられた相談件数は1013件で、そのうち「ワンクリック不正請求」に関する相談が330件と、相談開始以来最も多かった。特に、迷惑メールの本文に記載されていたリンクをクリックしたことで、不正なプログラムに感染するケースが報告されている。同機構では、迷惑メールは開かずすぐゴミ箱へ捨てるよう、呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市