Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でメールアドレス139件が流出 - 大阪商工会議所

大阪商工会議所は、6月18日に検定試験に関する案内をメールで送信した際、誤って申込者のアドレス139件が表示された状態で送ったと発表した。

誤送信が発生したのは、「第1回ビジネス会計検定試験」に関するメール。6月7日以降に申し込んだ139人へ送ったところ、誤ってアドレスが表示された状態になったという。同会議所では、誤送信の判明後に対象となった申込者へ説明と謝罪し、メールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2007/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社