Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アナログ刑事VSサイバー犯罪集団を描いた 「ダイ・ハード4.0」がまもなく公開

サイバー犯罪との戦いを描いた映画「ダイ・ハード4.0」が公開となる。主役を務めるブルース・ウィリスさんは、情報セキュリティの啓発にもひと役買っている。

同シリーズは、ブルース・ウィリスさんが演じるマクレーン刑事が主人公の人気アクション映画。最新作では、昔ながらのアナログ刑事とコンピュータに詳しい少年が協力しながら、空港や金融、政府などへサイバー犯罪を繰り広げる集団に立ち向かう。

同映画のコンセプトにいち早く目をつけたのがサイバー犯罪対策を進める警察庁だ。同映画のコンセプトに共感し、情報セキュリティ対策の関心を高めるとして5月からタイアップをスタート。啓発ポスターを作成し、自治体やネットカフェなどに配布している。

またウィリスさんは、同映画の公開に先駆けプロモーションのために来日しており、12日に都内で開かれたイベントでは、溝手顕正国家公安委員長が「サイバー犯罪特別捜査本部長」の任命書を手渡すなど、サイバー犯罪対策をアピールした。同映画は、6月29日より全国で公開が予定されている。

(Security NEXT - 2007/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性