Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

本人確認に不備があった携帯電話事業者に是正命令 - 総務省

総務省は、携帯電話契約時の本人確認に不備があったとして、東京都内の携帯電話販売事業者に是正命令を行った。

東京都豊島区の携帯電話販売事業者であるケアアンドコミュニケーションでは、2007年2月に24件の契約において本人確認に不備があり、総務省では、携帯電話不正利用防止法に違反していたとして是正命令を行った。

同社はソフトバンクモバイルの代理店で、総務省ではソフトバンクモバイルに対して監督強化など、再発防止策を求めた。

携帯電話は、振り込め詐欺などに用いられるケースがあることから、携帯電話不正利用防止法により契約者などの本人確認が義務づけられている。

(Security NEXT - 2007/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ