Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プライバシーマーク制度の改革を検討 - JIPDEC

プライバシーマーク制度を運営する日本情報処理開発協会では、同マークの取得事業者だった大日本印刷において大規模な事故が発生したことを受け、制度改革を検討する方針を明らかにした。

同協会では、今回の事故を「制度の根幹を揺るがす事件」としており、同マーク取得企業へ注意喚起を実施している。また、制度の信頼を確保を目指し、環境に合わせた審査基準の検討や審査における質の向上、啓発活動の促進、苦情処理を通じた指導の充実を進める。

さらに同制度の改革についても視野に入れており、認定事業者における運用状況を定期的な監督や、事故が発生した事業者に対する現地審査の実施や改善措置の確認、大量の個人情報を扱う事業者の審査の方法、内部監査担当者の客観的な評価など、制度の見直しを検討するという。

(Security NEXT - 2007/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
リフォーム情報サイトのメルアカに不正アクセス - スパム踏み台に
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍