Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大幅な価格改訂を実施、中小企業向け「ウイルスバスター」最新版

トレンドマイクロは、スパイウェアやボットへの対策機能を強化し、導入や管理の一元化を実現した中小企業向け統合セキュリティソフトの最新版「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 3.5」を、2月28日より出荷開始する。

同製品は、スパイウェア対策とボット型ウイルス対策を強化した統合セキュリティ対策ソフト。従来製品では「Trend Microスパイバスター ビジネスセキュリティ」として提供していたスパイウェア対策機能も統合され、導入から運用、管理まで、一元管理が可能。

また、ボット型ウイルスへの対策として新機能「IntelliTrap」を追加した。ファイルの圧縮形式から危険な圧縮タイプを判断するため、亜種が多く従来のパターンファイルでは十分な対応が難しかったボットの検出、駆除を可能にする。

発売にあたり価格改定を実施し、旧製品から最大約63%引き下げた。価格は、パッケージ版は、5ユーザー(2万8875円)、10ユーザー(5万5000円)、15ユーザー(8万2500円)、25ユーザー版(13万7500円)を用意。ライセンス版は50ユーザーの場合34万1250円。

(Security NEXT - 2007/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開