Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、12月度のセキュリティパッチを公開 「緊急」3件含む

マイクロソフトは、12月度のセキュリティパッチを公開した。

今回のセキュリティパッチには、IE向けの累積的なセキュリティ更新プログラムをはじめ、Visual Studio 2005の脆弱性、Windows Media Formatの脆弱性など、「緊急」とされるものが3件含まれる。いずれも脆弱性を攻撃された場合、コンピュータを乗っ取られる危険があるので、注意が必要だ。

また、「重要」とされるものも4件公開されている。パッチを適用することにより、Windowsや、SNMP、Outlook Express、RISのにおける脆弱性を解消し、特権の昇格やリモート環境からコードを実行される問題を修正する。

2006年12月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-dec.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ