Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

T-SS、ブラウザ上のデータ持ち出しを防止する「PBforAWP」 - 2500以上のキャプチャソフトに対応

トリニティーセキュリティーシステムズは、ウェブブラウザ経由の情報漏洩を防止する「Pirates Buster for Active WebPage Ver.3.0」を発売した。

同製品は、保存や印刷、コピー、ブラウザ上の操作を制限できるセキュリティソリューション。外部への持ち出しなどを禁止したいグループウェアやERPなどと利用することで情報漏洩などを防止できる。

画面キャプチャの撮影防止についても2500種以上のソフトに対応。既存ウェブアプリなどの設定変更は不要で、利用権限はページ単位で設定可能できる。また、クライアントとサーバ間の通信内容やキャッシュの暗号化に対応している。

また、「Internet Explorer 7」に対応したほか、同社のファイル保護ソリューション「Pirates Buster for Document Ver.3.0(PBforDoc Ver.3.0)」と連携させることが可能。

(Security NEXT - 2006/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正