Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

T-SS、ブラウザ上のデータ持ち出しを防止する「PBforAWP」 - 2500以上のキャプチャソフトに対応

トリニティーセキュリティーシステムズは、ウェブブラウザ経由の情報漏洩を防止する「Pirates Buster for Active WebPage Ver.3.0」を発売した。

同製品は、保存や印刷、コピー、ブラウザ上の操作を制限できるセキュリティソリューション。外部への持ち出しなどを禁止したいグループウェアやERPなどと利用することで情報漏洩などを防止できる。

画面キャプチャの撮影防止についても2500種以上のソフトに対応。既存ウェブアプリなどの設定変更は不要で、利用権限はページ単位で設定可能できる。また、クライアントとサーバ間の通信内容やキャッシュの暗号化に対応している。

また、「Internet Explorer 7」に対応したほか、同社のファイル保護ソリューション「Pirates Buster for Document Ver.3.0(PBforDoc Ver.3.0)」と連携させることが可能。

(Security NEXT - 2006/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP