Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎の脆弱性を狙うウイルスが再び出現 - アドバイザリを公開

ワープロソフト「一太郎」シリーズの脆弱性を悪用したウイルスが確認された。ジャストシステムでは、セキュリティアドバイザリを公開、アップデートモジュールは現在作成しているという。

一太郎の脆弱性を悪用するウイルスは先月にも発見されたが、別の脆弱性が見つかったもの。不正に改ざんされた一太郎文書を読み込むと任意のコードが実行され、パソコンが第三者に操作される危険性があるという。同社では、不審なメールに添付されたファイルなどは開かないよう、注意を呼びかけている。

9月28日時点では「一太郎2006」への影響が確認されており、他のシリーズについては順次確認中としている。同社では、セキュリティベンダーの協力のもと、脆弱性を解消するアップデートモジュールは現在作成中としている。

(Security NEXT - 2006/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ