Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

練馬区、予防接種の予診票340名分を誤送付

練馬区は、ポリオ予防接種対象者の個人情報が記載された予診票用紙を送付する際、約340名分の用紙を誤って別人の封筒に入れて郵送した。

誤送付されたのは、予防接種を受ける前に記入する予診票用紙。大泉郵便局管内の一部で、本人以外の用紙4名分を混入したものが送られた。同用紙には、予防接種対象乳児の氏名、住所、生年月日などが記載されていた。誤送付の対象者は約340名。

封入作業の担当者が5名分の用紙をまとめて折目を入れていたところ、その束を誤ってそのまま封入した。さらに、実際の封入件数と対象児リスト件数の照合を怠っていたことにより、誤送付が発生したと見られている。

同区では、職員が訪問し、誤送付された用紙を回収。また、新しい用紙を送付するとしている。今後は業務マニュアルを作成するとともに、対象児リストにチェック欄を設けてチェック業務を徹底するなど、再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始