Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高知県、パソコンが盗まれ個人情報流出の可能性

高知県の職員が使用するパソコンが、8日に盗まれる事件が発生、55名分の個人情報が流出した可能性があることがわかった。

今回の事件は、南国市役所に駐在する同県地域支援企画員のパソコンが盗難被害にあったもの。通常、個人情報を含むファイルは外部メディアに保存していたが、持ち去られたパソコン内に作成時のデータが残存している可能性があるという。

ファイルに含まれるデータは、同市の地区総代や市民団体代表者など55人分。パソコンへのログインパスワードは設定してあったが、県が定めるファイルに対するパスワードの設定など行われていなかったという。同課では、盗まれた8日中に関係者へ事情を説明した。

同課では県の要領を遵守するよう対策を進めるとしており、具体的な対策については現在検討しているという。

(Security NEXT - 2006/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も