Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京都看護協会のサイトに不正アクセス - フィッシングの標的に

東京都は、東京都看護協会に運営を委託している東京都ナースプラザのウェブサイトが、不正アクセスを受けたと発表した。外国企業の疑似サイトが構築され、個人情報が流出した可能性もあるという。

同サイトが使用しているサーバ内に、海外企業の疑似サイトが作成されていたもの。同企業から1月12日に指摘を受けわかったという。

都ではに疑似サイトを削除するとともに調査を実施。その結果、サーバ内に保存されていた個人情報が流出していた可能性があることが判明した。

流出の可能性があるのは、看護職員研修の講師と受講生、および2005年度「高校生一日看護体験学習」応募者の氏名、住所、連絡先など約5000件。都では不正アクセス防止のための対策を講じるとともに、警察へ被害届を提出した。

今後は、同サイトでは、一部システムを全面的に修正し、セキュリティ機能を強化するとともに、被害の詳細について引き続き調査を行う。また、流出の対象となった関係者に対して、書面にて事情を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応