Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持ち出し個人情報を健康ランドで紛失 - 佐賀県

佐賀県教育委員会は、9月23日に、教職員課の職員が、2006年度の教員採用試験受験者1606名分を含む、計3202件の個人情報が記録されたフラッシュメモリを紛失したと発表した。

紛失したフラッシュメモリには、教員採用試験受験者の個人情報1606件を含む、採用試験関係のデータが2961件、指導力不足と判定された教員に関する資料が192件、表彰受賞候補者などに関するデータが49件、計3202件の個人情報が記録されていた。

同発表によれば、職員は翌日にデータを利用するため、フラッシュメモリを持ち出したが、帰宅後、同メモリを鞄へ入れたまま佐賀市内の健康ランドへ行き、その際紛失したという。その後10月1日に紛失に気付いたが報告はせず、3日に同メモリを拾ったという匿名男性からの電話があって初めて判明した。

その後男性から2回連絡があり、6日に会うことなどを約束したが、それを最後に連絡は途絶えているという。同委員会は13日に紛失届を提出した。また関係者に対し、事故報告を兼ねた謝罪状を送付し、二次被害への注意を喚起するとしている。

(Security NEXT - 2005/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware NSX for vSphere」にXSSの脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 更新がリリース
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施