Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京スター銀行、保証人情報が保存されたPCを紛失

東京スター銀行は、オフィスのレイアウトを変更する際に約453件の顧客情報が保存されたパソコン1台を紛失したと発表した。

同行では、9月30日から10月2日にかけて委託業者により改装作業を実施。同行の行員が立ち会って作業を進めていたが、所在が不明になったという。

同行によれば、紛失したパソコンには、法人融資取引に関する個人保証人の名前、住所、生年月日などの顧客情報が保存されていた。盗難の可能性も含めて捜索しているが、10月11日時点では発見されていない。

同行では、該当する顧客に対して事実説明と謝罪をした。また、再発防止策を実施して、顧客情報の管理体制を強化していくとしている。

(Security NEXT - 2005/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円