Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務所荒らしで個人情報を紛失 - ケーブルテレビ敷設業者

愛知県でケーブルテレビ敷設を行っているシンワテックが事務所荒らしの被害に遭い、同社へ業務を委託していたケーブルテレビの顧客情報が盗まれたことが明らかとなった。

西尾市にある同社事務所が被害に遭い、10月2日から翌3日にかけてパソコンが盗まれたもの。10月3日に同社社員が出社したところ、施錠されていた入り口が壊され、個人情報が記録されたパソコンや金庫などがなくなっていたという。

キャッチネットワークは、西尾市や幡豆郡エリアのサービス希望を希望する顧客の個人情報。氏名、住所、電話番号などが662件が記録されていた。

また、中部電力では、同社へ業務を委託していた西尾市、吉良町、一色町など16世帯のデータが保存されており、氏名や住所、電話番号が保存されていた。さらに三河湾ネットワークでは、ケーブルテレビの敷設を委託した顧客情報95件が保管されていた。含まれる内容は氏名や住所など。

ケーブルテレビ各社は、顧客へ謝罪などを行ったほか、同社へ個人情報管理の徹底などを求めている。

(Security NEXT - 2005/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究