Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、FOMA交換機の設定ミスにより通信料を誤請求

NTTドコモグループ9社は、FOMA交換機の設定ミスにより、ショートメッセージサービスの送信料を誤って請求していたことが判明したと発表した。

同社によれば、受信不可能な状態の受信者へメッセージを送信した場合、交換機において送信を受け付けないように設定すべきところを、送信を受け付けるように設定していた。そのため、本来なら送信料金が発生しない通信において、料金を請求していたという。同事象は、2001年5月30日から2005年2月18日まで発生していた。

同社では、利用記録が残っている2004年11月7日以降の利用分については、利用記録に基づき対象となる通信料を返還する。それ以前の記録が残っていない利用分については、ユーザーからの申し出をもとに、利用状況を確認のうえ返還するとしている。

(Security NEXT - 2005/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】「CASB」で何がわかるのか? 経営陣を説得した生資料
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足