Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、個人情報漏洩でケイ・オプティコムに厳重注意

総務省は7月5日、5月に発生した個人情報漏洩を受け、ケイ・オプティコムを厳重注意とし、個人情報の適正な管理の徹底を文書により指導した。

ケイ・オプティコムにおいて約1万2000件の個人情報漏洩事故が発生したことを受け、同省では事実関係の説明を求めていた。同社が6月に行った報告により、業務上の必要性からやむを得ず個人情報を社外に持ち出していたが、その際の手続きや遵守すべき事項が明確にされておらず、個人情報を持ち出す際の対策が不十分だったことが判明したという。

同省では、「個人情報の保護に関する法律」および「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン」の安全管理措置義務などに違反があったとして、遺憾の意を表明すると同時に厳重注意とした。

(Security NEXT - 2005/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害